制作
IllustratorPhotoshopミス成蹊コンテスト2017ロゴ制作

【2017年度】ロゴ制作裏話


まりの

書いた人:まりの

唯一の制作局2女です。LINKerも編集してます。可愛い人とものが大好き、苦手なことは早起きです。


 

先日、今年度のロゴとテーマが発表されました!

皆さんもうすでに見て頂けたでしょうか?

毎年恒例となったロゴ制作の裏側を今回もお見せします!!

5月中旬 ミスコンテーマ「モノグラム」決定

2年生は4月から毎日集まりテーマを詰めていったのですが、中々決まらず。毎年4月の終わりには決定していなければいけないのですが、期限を延ばしてもらい話し合いを重ねました。

そして、遅い時期になってしまいましたが皆で考え抜いたこのテーマに決定します。

【モノグラム】

2つのものを組み合わせて作る、新しい1つのシンボル。
モノグラムには、このような意味があります。
“女子大生としての今までの自分”
“活動を通して見つける新たな自分”
この2つを組み合わせ自分だけの光り輝くモノグラムを創り上げてほしい、という願いを込めています。
私達広告研究会はファイナリスト達のミスコンテストを通して輝きを増した姿をステージで存分にお見せ致します。
一体どんな新しい自分に出会うのでしょうか。彼女たちの新たな物語が始まります。

ロゴ制作開始

 

テーマが決定し、イメージを固めていきます。

「モノグラム」という言葉は普段聞きなれない言葉で、一度聞いただけでは意味が分からない方も多いだろうなと思ったので、ロゴで分かりやすく表現することを一番に考えました。

そこで、普通の女子大生の姿とミスコン出場時の姿を描くことを思いつきました。

画力の無い私が一番最初にデザインしたものです・・・

IMG_6997

そして一度、イラストレーターで描いてみよう!と挑戦してみます。

IMG_6591

お見せするのが恥ずかしいですが、人のシルエットなど描いたことないですし、ベジュ曲線の機能を初めて使ったので、このクオリティです。笑

果たして私にロゴ制作なんてできるだろうかと不安になりました。笑

初めは、このように顔の角度で自信の有無を表現しようとしていました。

しかし、首と顔は左右対称にしたほうが見栄えがいいのでは・・!と気づき

ここまで来ます。

FullSizeRender

自信は顔の角度ではなく、まつげで表しました!

しかし、ここからとっっっても時間がかかりました。

左の女子大生の姿がどうしてもうまく描けず・・

(ここの過程は写真撮り忘れてしまいました(T_T))

どうしよう・・となっていたその時

 

授業の間の空きコマの時間、やけくそになって適当に髪の毛を描いてみました。

すると・・・・あれ?しっくりくる??

 

IMG_6605

 

そしてついに思いつきます。

そうだ!!首のところを髪の毛にしよう!!

 

これを思いついた時の嬉しさったら言葉に表せません。

ミス側に装飾品をつけて・・・・

今の形が完成します!

FullSizeRender 3

 

しかし、ここから第二病み期到来

 

形が完成したのはいいのですが、これだけじゃ何か寂しい・・

線を活かしたかったので、色は塗りつぶさないように決めたのですが

じゃあどう加工して下書き感を無くせるだろうか・・・

FullSizeRender 2

IMG_6796

↑ボツ作品達です。

かっこいいのも良いけれど、王道清純な「ミスコン感」を出したかったのでボツになりました。

考えれば考えるほどデザインは思い浮かびません。笑

その時です。ミスコンリーダーの優菜が神的提案してくれます。

「鏡の中に映っているようにするのはどう!?」

それだ!!となり、早速形にします。

FullSizeRender 4

 

最終的にこのように周りの枠は作ったのですが

ここに行き着くのも大変でした。笑

 

できたあ〜!!

 

IMG_6836

 

色をつけていきます。初めは鏡っぽくしてみました

IMG_6840

 

もっと豪華さが欲しかったので、全部金色にしてみたら・・

ミスコン2017ロゴ

いい感じに収まりました!!ついにゴールです!

鏡の枠とシルエットは質感を違う感じにして、シルエットを針金のようにして繊細さを出しました。

 

ロゴを作ってみて

 

ロゴはその代のミスコンを象徴するものなのでプレッシャーがとてもありました。

例年は数人で作成するのですが今回は一人でやったので余計に胃が痛かったです。笑

ですが、やっぱりデザインは楽しいな〜と思いましたし、だんだんと完成していくのが嬉しかったです!

パソコンで作業する時毎回感じるのは、普段何気なく目にしてるモノには

自分が思っているよりも相当な時間がかけられて作られているんだな〜と

自分の技量の無さも関係しているのでしょうけど(汗)、

モノを作る仕事をされてる方は本当にすごい!と切に思います・・!

とにかく満足のいくものができて良かったです。

今年度のミス成蹊コンテストも素晴らしいものに出来るようこれからも皆んなで頑張っていきます!

読んでくださってありがとうございました😊✨

コメントを書く

書いた人

まりの
まりの
唯一の制作局2女です。LINKerも編集してます。可愛い人とものが大好き、苦手なことは早起きです。
最近の投稿