制作
ミスコン映像

ミス成蹊コンテストにおける、広告研究会の映像制作を振り返る


荒木

書いた人:荒木

成蹊大学3年生。広告研究会のWEBを担当しています。広報、制作局に所属しています。


映像

 

成蹊大学広告研究会では制作局を中心に日々様々な制作に取り組んでいます。

これは伝統的なことで、私達の先輩や同期は素晴らしい映像作品を残していってくれました。

ということで今回、ミス成蹊コンテストの演出のために作成された動画を振り返ってみたいと思います!

 

2011年

ミス成蹊コンテスト2,011 オープニング、アトラクション導入映像

こちらはミス成蹊コンテストのオープニングとアトラクションで使用された導入映像。丸などの要素をモーションさせて視覚的にインパクトのある映像になっていますね!

 

2012年

Miss Seikei Contest 2012 -SENSE- opening

ミス成蹊コンテスト2012年オープニング映像。

僕はこの映像を見て、憧れて広告研究会に入りました。

きれいなカラー、パーティクルでミスの映像とうまく調和されています。

2013

ミス成蹊コンテスト2013オープニング映像

かなり刺激的で、低音の効いたサウンド。Youtubeで見るだけでもかなり迫力のある映像ですが、本番これが流れた時の感動は忘れられません。

作成した先輩曰く、とんでもないレイヤーの数らしいです!笑

Miss Seikei Contest 2013 -Classic- End Credits

これはミスコン2013のエンドロール映像です。2012年のオープニング制作を務めた先輩が制作しました。

イラストレーターで背景を作成し、それをAfterEffectsのカメラでアニメーションさせているらしいです。

広告研究会はミスコンに向けて本気で活動してきました。これがスクリーンに流れた時の感動は今でも忘れられません。

2014

ミス成蹊コンテスト2,014オープニング映像

はい!僕達の代のミスコンです!作成したのは今アメリカに留学中の押田くんです!

モーショングラフィックスで魅せていますね。かっこいい!

配色も綺麗で音楽もかわいく、ミスコンらしいですよね。

これを見る度思い出します、僕達の代のミスコン。本当にいい映像作品だと思います。

Miss Seikei Contest 2014 PART ATTRACTION 【SHOWTIME】

これはアトラクションパートの映像です。僕が担当しました。AfterEffectsは初心者だったので、すごい苦労しましたね。

シェイプをキーフレームで細かく設定したり、クロマキー合成したり、ミスの姿の切り抜きをしたりで、結構時間がかかりました。

個人的には配色、フォント、カメラ移動の、速度の調整でおしゃれ感を出しているつもりです笑

セイケイKAWAII!! Miss Seikei Contest 2014

ロゴやエフェクトの演出は僕が担当しました。テレビで今人気のキスマイブサイクをパロディにした、アトラクションパートの映像です。

エフェクトもロゴも基本的なキーフレームの操作で作りました。

 

振り返ってみると、広告研究会は映像制作に力を入れている団体なのかもしれませんね!笑

今後の成蹊大学広告研究会の制作活動にも注目してください!

コメントを書く